人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 207 )

ある一日

今日は忙しい
昨日 ウィンブルドンテニスを遅くまで見たせいか、疲れが残っているようだ・・・

七夕茶会に参加 一番目のお席だったので多くの人と先生方も多く、いいお席でした。

次は 孫の七五三の写真の前撮り
これが大変 逃げ回り泣く孫を
お店の方はさすがプロです
なだめながら、友達のように遊び始めると
笑顔が出てきて、何とか撮影することも可能に
しかし 忍耐と時間を多く使いました。
お店の方も大変ですが、私もただ見守るだけで、何をするではないのですが疲れました。

おそい昼食を娘たちと取り、別れて我が家に




あぁぁ 疲れた! ひと休みのつもりが2時間ほど寝ってしまっていました。

お風呂に入り
主人とあり合わせ物で見繕った夕食を
主人が美味しいーという様子を見ていると
やっと ゆったりと落ち着いた気持ちになりました。



by asuwada1 | 2019-07-15 18:15 | Comments(0)

七夕まつり

今日は和田地区の七夕祭り

2.3.4歳には まだまだむつかしい・・・・

頑張るのはママやじぃじ
f0026800_00394721.jpg


食べることが大好きなチビ達は、食事時にはちゃーんと席に着くことが出来ます ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪


f0026800_00400884.jpg
「さぁ~ならんで写真 写すよ」 と声をかけても
出来るのはお兄ちゃんだけ
あとはてんでんばらばら・・・・・・

いつもこんな調子です

by asuwada1 | 2019-07-02 17:30 | Comments(0)

岡山マラソン 当選しました \(^_^)/ばんざーい

昨年に続き今年もファンマラソン当選!

今年はペアーのほうが当たる確実が高いということで
主人とペアーで申し込みました。

友達はペアーー申し込みでしたが 残念ながら落選
頼りにしていたもう一人の友達もフルマラソン落選 (_ _。)・・・シュン

主人と頑張るしかありません・・・頼りない主人ですが

ダッシュ!≡≡≡ヘ(* ゚-)ノ

by asuwada1 | 2019-06-18 17:50 | Comments(0)

今年の花たちは元気です。

今年は少しだけ花の手入れに力を入れ 肥料・害虫予防薬などを行いました
花が元気です・・・
私だけ元気になってもいけませんよねぇ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

色は鮮やかにバラはすべてのつぼみが花開き、こんなこと珍しい  

f0026800_10444604.jpg


by asuwada1 | 2019-06-15 10:57 | Comments(0)

美味しいランチと楽しいおしゃべりの時間

久しぶりの仲良し5人組
みんなで揃うの一年ぶりぐらい

話の始まりは
料理上手のHさんの素敵なテーブルセッティングに魅了させられ
手の込んだ料理の美味しさに感動!


f0026800_22123981.jpg
涼しげな野の花

私たちの健康にいい、薫り高いお出汁での薄味の味付け
f0026800_22122654.jpg

久しぶりなので我先にと、おしゃべりが始まり

途中からは 美味しい料理も味わうのを忘れがちに・・・
f0026800_22120000.jpg

後半のおしゃべりは
年を重ねるごとに不安になる健康の話題
世間のニュースなどなど・・・

仲間たちとの楽しい時間 
30年以上の付き合いで
それぞれ刺激を受けながら、成長しています。
あと 10年20年は5人揃って付き合いたいものですね。

みんなで旅行に行きたいな~ という声を聞いながら
今日はお開きです。


by asuwada1 | 2019-06-14 23:00 | Comments(0)

タブレットを新しく変えました。

4年半経つと進化しています。
使い方が微妙に変化しているので、慣れない。

カメラはかなり進化していて、勉強する必要ありです。
f0026800_22514120.jpg
左は花に焦点を合わせ、ぼかす。  右は花に焦点を合わしてぼかしなし
どちらも花に違いはないが花瓶を見るとばかしが効いているのが分かる。
こんな時はぼかさないほうがいいのかな・・・・・


面白くもあり
しかし かなりの時間を取られる・・・・・




by asuwada1 | 2019-06-10 22:48 | Comments(0)

遍路旅 終えて

4月29日~5月1日
約800k 高知県 24番~39番札所 遍路の旅を無事終えました。



f0026800_11224058.gif


初めての遍路旅
4月29日 
自宅から室戸市 26番金剛頂寺・25番津照寺 

室津港ボランティアガイドに町の地形・歴史について説明を受ける
地元で生まれ 祖父はクジラ船に,主人はマグロ船に乗っていたという生粋の漁師子

ここは昔ながらの歓楽街 多くの漁師が漁を終え、安らぐ店が狭い路地に多く見られる

漁師町も時代の流れは激しく 今では高値で取引されるキンメダイなどが多いらしい
見たことがない、食べたことがない深海魚のような珍しい魚が魚屋の店先に。
f0026800_12273553.jpg
日が暮れるにつれ、寒い!!

宿 室戸岬付近


4月30日
24番最御崎寺(室戸岬)・27番~32番

室戸岬にてボランティアガイドさんから地形の説明を受ける
f0026800_12154506.jpg



27番神峯寺 石段が険しく多かった
歩き遍路の人々を多く見かける、黙々と歩く様は何か強さを感じられた・・・・弘法様と二人で
歩き遍路 すごいですよね!
f0026800_12521043.jpg


 宿 高知市内
高知 はりまや橋まで歩いて10分ほどの
予約の出来る大人のホテル・・・・・ 想像にお任せします
最初は戸惑いましたが部屋は広く清潔 
そしてアメニティーも上質 コーヒーもドリップ式のものが用意されている。
お風呂はもちろん広く、広いサウナ付き
朝食付き一人9000円ほどでしたが、私は大変満足でした。
なるべく人と顔を合わせないようなシステムになっているのですが
我々はそんなことはお構いなく (((o(^。^")o)))ワクワク なんでも興味深々

夕食は繁華街に出て、知り合いの息子さんの寿司割烹店で地産料理を堪能しました。
ここは街中 お値段もよかったですねぇ・・・・・




5月1日
33番 ~ 38番

35番 清滝寺 山道が長く狭いので、対抗する車との長い列が出来るのですが
さすが皆さん譲り合いの精神で何とか上がりきることが出来ました。
(途中 主人 もうダメだ、帰ろうと言い出したのですがバックするのも大変で)
f0026800_12555425.jpg
宿 土佐清水港付近
古い旅館ではあったが掃除が行き届き、居心地の良い旅館でした。
f0026800_13000099.jpg


5月2日 
高知最後の札所 39番延光寺 ~ 自宅

土佐清水港 魚市場
ゴールデンウィークは漁もカツオ船とサバ船だけ・・・・・一番この時期の需要が多いので
活魚漁船は数は少ないがいい値が付くため、時間が勝負、直ぐ生け簀に。

f0026800_13034887.jpg

帰り道
四万十ウナギを食べないと帰れません。
長い時間 待ちましたが美味しくお腹いっぱいになりました・・・・・ (v^-^v)♪(๑╹ڡ╹๑)
これで安心して帰れます。
f0026800_22390649.jpg


初めての遍路旅
お参りの作法を知らないまま
ごく普通の旅行気分で回りました
が 終えてみると
もっと遍路旅のことが知りたい と思うようになっていました。

弘法大師のお陰か?? 主人との口げんかもすることもなく

また機会があれば 歩き遍路にも挑戦してみたいです。

by asuwada1 | 2019-05-06 15:28 | Comments(0)

問屋町の賑わい

久しぶりの問屋町
日曜日もあってか若い家族ずれでいっぱい
新しく問屋町テラスも出来
お昼時にはカフェやレストランは列をなして順番を待っている

主人がピザかスパゲティーが食べたいというので
イタリアンのBanbina
席が空くまでに30分以上は待ったと思う
そして席に着いてからは
サラダバーが充実しているので
料理の待ち時間は気にならない
が お腹が少しづつ膨れてくる  =^-^=うふっ♪ 
メインの料理 美味しく量的にも適量で d(-_^)good!!

一番感心したのは
従業員の接客でした
あんなに忙しいのに 慌てず それなりにスピード感を持って
お客さんに対して、こまめな声掛け

さすが  今の若者はすごいと思い
嬉しい気持ちでお店を出ました。

by asuwada1 | 2019-03-18 09:53 | Comments(0)

母 すっかりと元気になりました

入院 手術してから5日目
ほぼ普通通り

毎日のリハビリのおかげで
前より元気になったかな

これからは 仕事のように
しっかりと歩いて 歩いて
足を強くしてもらいたいものです

これが一番の問題のようですけどね。。。。

by asuwada1 | 2019-03-13 10:12 | Comments(0)

主人の母の病名は 慢性硬膜下血腫

母の様子がおかしくなり、旭東病院に連れていき
CTを撮ると原因が直ぐに判明しました。
即入院 手術に

部分麻酔で手術は20分前後
頭に穴をあけ、溜まった血液を外に流出させる手術

病室に戻った時には、元通りのお母さんでした。
顔色もよく普通におしゃべりが出来
しかし ちょっと痛々しいようなチューブを入れたままの状態でした。

翌日はチューブも抜け、傷跡を塞ぐカーゼをしているだけでした。

あまり 病院とは縁のない我々家族は
医学の進歩を大変ありがたく思いました。

主人曰く
お母さんの様子がおかしくなった日 あまりのショックで、あまり記憶がないという・・・・

もう少しで90歳になる母
今までは ゆっくりではあるがすべてをこなしていました。

今後の生活の話をしないといけません・・・・
主人がどのように思っているのか・・・・






by asuwada1 | 2019-03-10 01:06 | Comments(0)