静かな一日

今日は主人と二人っきり
いつもの日曜日は にぎやかではないが、ざわざわとして人の気配を感じる
朝から 部屋を冬用に絨毯と模様替えながら掃除する、なにか口数が少ない。
それぞれ 考え事しているように。
午後から私は映画「タ・゙ビィンチ コード」を見に行く
主人も自分の用事が頭の中で整理付いたのか、一緒に行くことになった。
15:45 上映に間に合うように急いで出掛け
ちょっと小腹が空いているので、いつものようにおにぎりとお茶を買って観る

映画「ダビィンチコード」面白いのか面白くないのかよく分からない
何しろスピーディな謎解きで
字幕を見るのが忙しく、頭がなかなかついていかない
ちょっとでも居眠りをしていたら展開が変っている
面白くないわけではないが、分からない。
宗教 むしろ異国の宗教は理解が出来ない
今でも現れてくる何やら怪しげな宗教、そんな宗教が昔はもっとであろう
私も高校の時、寮生活を送っていて
寮での食事の前は必ず賛美歌を歌わせるような学校でした
ある日 はっきりとは覚えていないのですが
キリスト教会の方が来られて、お話をされていたら、話を聴いている人の中で
絶叫し泣き叫ぶような人が現れ
何にも知らない私はヘェ キリスト教ってこんな怖い現象も起こるのだと
自分の持っていたキリスト教とは異なものを感じました
そのことがあってから、それから一度も寮にはキリスト教会の人を呼ぶことはなかった。

映画から帰って、映画の事には全然触れず、ただ疲れたー と一言だけ
二人で簡単な食事をして、それそれ考え事しながら静かにテレビを観たり本を読んだりと
静かな一日でした
今日は今後二人での生活のシュミレーション だったなーと主人が。
[PR]

by asuwada1 | 2006-10-23 11:07 | Comments(1)

Commented by 読書家 at 2006-11-02 08:27 x
図書館予約13番目で、ようやく”ダビンチ”さん読みましたが、

実に難解、映画を見て復習が必要です。

効果があるのかしら?