コタキナバル2日目

8月13日
キナバル公園&ボーリング温泉ツアー
8:00~19:00  ホテル送迎・昼食・入場料付 190リンギ✕2 
オーストラリア人5名・マレー人?3名・日本人(子供含め)9名
中間の旅行社によって230リンギ~170リンギ ホテルでの申込が一番高い
キナバル公園
熱帯雨林の山の中を珍しい植物などの説明を聞きながらウォーキング
f0026800_13174491.jpg

昼食時
日本人同士がワンテーブルにセッテイング
なんと中年の男女3人組 中国人と勘違いしていました。m(_ _"m)ペコリ
埼玉、愛媛と岡山と地域は違いますが
ここのマレー料理に舌つづみをうちながら、はなしが弾みました。 旅行中で一番美味しかったかな。
f0026800_13184572.jpg

ラフレシアは、紫キャベツの様なつぼみから約9カ月かけて開花します。開花すると約7日間で枯れてしまう花なので、なかなか見ることができない花です。開花の時期は特にないようで、行ったときに咲いている場合だけ鑑賞できます。ハエに花粉を運んでもらうので、独特のにおいを放ち、ハエをおびき寄せます。

ラフレシア 花を見るのに一人50リンギ 手持ちのリンギが足りないので参加しないと云うと、ガイドのお兄ちゃんポケットマネーを払ってくれました。ありがとう! しかし私にとって50リンギも払って見る価値があったかな
f0026800_1319425.jpg

ボーリング温泉
家族連れで、のんびりと楽しんでいました。
無料公衆浴場は服のままで、帰りは着替えをして帰っている様子でした。
マレーの人達 笑顔や言葉をかけてくれて、たいへん人懐っこい
f0026800_13192671.jpg

地上41㍍ キャノンピーウォークのトレッキング
この橋はこの地域の調査のために作られたものでしたが、今はちゃんと観光用に役立っています。
カメラの持ち込み料金5リンギ オケラの私達は写真なし 写真は借用
f0026800_13194524.png

2.5時間 バスに揺られて、ホテルに到着

夕食はホテルのすぐ前の屋台で食べることにしました。
主人疲れたのか歯が痛いと言い出し不機嫌な様子です。
いつもは気になる頭に手が、いっているのだが今は歯に
地元の人達で賑わっている屋台でしたが、お味は・・・・・・
f0026800_13193170.jpg

ホテルに戻り
主人はアルコール消毒をして、なんとか眠りにつけたようでした。
私は 部屋でも可能ということでしたが、WiFiの電波が弱く、ロービーまで降りて子供達に連絡を取りました。
[PR]

by asuwada1 | 2013-08-22 14:04 | 旅行 | Comments(0)