由加山參り

今年から 一つメニューを増やしました。

日曜日の由加山參り

今日は息子らと
f0026800_0112276.jpg

あれ ? 今日はなんか様子が違うと思ったら蓮台寺への参道に屋台が出ていない
節分過ぎると、参拝客が少ないのを知ってか、テキ屋?も場所替えのようです。

子供が学校に上がる頃から
12月31日 大晦日の日
玉の実家から
紅白もそこそこに見て、9時に出発
静まり返った道路
瀧神社からの真っ暗な山道を懐中電灯を片手に 由加山に向かって歩きました。
約2時間ほどかけ、由加山に到着

お参りして、おうどんを食べ 
そして 瀧神社で、もう一度施しの小豆がゆを戴き
実家に帰るという恒例の行事でした。

ちょうど10年間続けました。
子供達が大きくなり、従いて来なくなったので辞めることにしましたが
今 考えれば、いい思い出になっています。
f0026800_011553.jpg

最後の坂道 瑜伽大権現の石の鳥居(少年自然の家の東門の傍)
月明かりも届かないような、覆い茂った坂道を力を振り絞って歩いたこと

今 このブログを書きながら、いろんなことが思い出されます・・・・・
[PR]

by asuwada1 | 2013-02-11 00:21 | 思い出 | Comments(2)

Commented by ysepia at 2013-02-12 00:19
すご~い。
歩いて由加山登るなんて・・・・。

私、一度だけ登ったことありますが、
足がガクガクでした。
(まだ20代の頃)

怖くないの?
大勢の人がお参りしてるの?
Commented by asuwada1 at 2013-02-13 09:44
>ysepiaさん
現在は大権現さんの鳥居のところまで車で行くので
歩くのは1時間程度です。
坂道はいいですが、階段は膝にちょっときついですね。

お昼間ですから 怖いことは全然無いですよ。

20数年前 
真夜中でしたが、15人程度でワイワイおしゃべりをしたり
歌を歌ったりで、怖いなんて思ったことないですよ。

始めた頃は
一番末娘はまだ学校に上がってなく
歩くのが大変で泣きながら歩いていました。
しっかりものの姉が時々 おんぶしてやっていたので
どうにか従って来れたようなものでした。

毎年 新しい友だちが数人、参加するのですが
続けて来た友達はいなかったように思います。